刺し子マット『麻の葉』の図案 - a studio lab morning

a studio lab morning

さわやかな朝は幸せ時間

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

刺し子マット『麻の葉』の図案 

 

本日の朝活は、お昼まで時間がかかりました。

先日、刺し子のマットをご紹介しましたが、その新たな刺し子作品の準備です。

昨日は、生地の間に入れる、キルト綿を購入。

作業としては、寸法を決めて、布のカット。

そして、キルト綿を布の間に挟んで、アイロンし、片面貼付けました。

前回の作品では、キルト綿に糊がついていないものを使用したのですが、

厚い生地2枚とキルト綿が安定せず、ずれないように縫い込むのにとても苦労しました。

ですから、今回はぴたっと生地が貼り合わせた状態で、しつけ縫いもきっちりと行いました。

下準備って、面倒ですけど、後々楽になるので重要ですね。

kirut.jpg

こちらが、刺し子作品の材料一式。

手縫いなので、生地と刺し子糸と刺し子針だけなので、シンプル。


そして、刺し子の図案ですが、今回は『麻の葉』にしました。

柄の生地に柄模様は、どうなのかなあと思いましたが、主人の薦めで、柄に柄ってかっこいいよ!

とアドバイスをもらったので、チャレンジしてみようと思います。

私の手芸は、主に自分で考えて作ることですが、アドバイスは常に母や主人、そして主人の義母から

もらっています。主人は、洋服を作っていましたし、義母もオーダーメイドのプロ。

そして、この生地は私の母が染めたものなのです。

周りにいろいろ聞ける人がいると参考になります。

asanoha.jpg

そして、麻の葉の図案。

今では、インターネットでダウンロードすれば、簡単に手に入りますが、

そこはやはり図案からおこしたい!という絵描き魂で描きました。

参考になったのは、主人の刺し子のポーチ。

やっぱり、素敵ですよね。

昔の人たちは、図案も自分で描いていたのですから、すごいですね。


下準備は、万全。

コツコツと朝活で縫っていきます。


それでは、今日もいい日でありますように!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押して頂けたらうれしいです☆

category: 趣味のモノ作り

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://hirumeshi5.blog11.fc2.com/tb.php/76-6b1cfe8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。